トップ > ガイドライン適合事業所認定について > ガイドライン適合事業所認定とは

ガイドライン適合事業所認定とは

ガイドライン適合事業所認定制度とは、厚生労働省が策定した「民間教育訓練機関における職業訓練サービスガイドライン」(以下、「ガイドライン」という。)に基づいて、公的職業訓練(ハロートレーニング)及び教育訓練給付制度の指定講座の質の向上に取り組んでいる民間教育訓練機関に対して審査を行い、ガイドラインに適合している事業所を認定する制度です。


また、認定を受けた事業所が職業訓練サービスの質の向上に取り組んでいることをよりアピールできるよう、厚生労働省により認定マークが決定されるとともに、認定の対象が拡大され、ガイドラインも分かりやすく改正されています。

 (参考: 厚生労働省-平成31年4月24日(水)報道発表資料)


JAMOTE認証サービス株式会社では、厚生労働省が実施する令和3年度事業を受託しているランゲート株式会社から認証を受け、審査認定機関として審査を実施することになりました。

令和3年度中に認定証が発行できる審査の申込み受付は12月13日(月)から1月14日(金)となります。


ガイドライン適合事業所認定を取得するには、ガイドライン研修を受講した人員を有し、ガイドラインに基づく自己診断を行うとともに職業訓練サービスの質の保証・向上に努めていることが求められます。なお、審査認定に当たっては、審査認定料と現地審査に係る旅費交通費(実費)が必要となります。詳しくは弊社までお問合せください。(お問い合わせはこちら)

なお、概算費用については「申請手続」のページをご覧ください。


ガイドライン適合事業所認定に関する情報は、下記Webサイトにて入手できます。


【職業訓練サービスガイドライン適合事業所認定】

 URL: https://jobtraining-guideline-certify.mhlw.go.jp/index.html


【厚生労働省ホームページ 職業訓練サービスガイドライン掲載場所】

 URL: https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya

    /koyou_roudou/jinzaikaihatsu/minkan_guideline.html